融資を受けるには今が最適な時期!

役に立つ情報

融資を受けるには今が最適な時期!

現在、借入を行うチャンスということをみなさんは認識されていますでしょうか。
長い目で見ると金融機関が融資に積極的な時期とそうではない時期があります。
今は融資に積極的でローンを組みやすい時期ですが、将来必ずローンを組みにくい時期がきます。
1980年後半のバブル崩壊後に融資が厳しくなったことをご存知でしょうか?
その時期は土地価格が上昇し続け、金融機関も融資に積極的でした。
しかし、数年後にバブルが崩壊した後は融資が厳しくなっていた時期があるのです。
最近でもリーマンショックの時にも借入が一切出来なくなりました。

融資が積極的な時期にローンを組んで返済することにより実績になります。
この返済実績を上げておくことで将来、融資が厳しいときにもローンが組みやすくなります。
今、マンション経営することは将来の買い増しをする際にも生きてくるのです!

【最初の1件が重要】
新築の区分マンションの営業電話が掛かってきたことはありませんか?
職場に電話で「マンション買いませんか?」というような営業です。
「月に5000円ほどの収入になるし税金の控除になります」と一見いいようなことを言われますが、よく注意してくださいね。

新築マンションは「新築プレミアム」がついています。一度購入してすぐに売り出しても300万円~500万円ほどの価値がすぐに下がってしまいます。
また、賃貸料金も新築時に貸し出した料金からすぐに下がってしまいます。
そして、新築時は収支がプラスであっても、最初の入居者が退去して次の入居者からの賃貸料は下がってしまいマイナスとなってしまうことも良くあります。

最初は新築区分から始めて次に1棟マンションへステップアップしましょうという不動産会社もいますが、
サラリーマンを辞められるほどの家賃収入を狙うのであれば最初から1棟マンションを狙うべきなのです。

区分マンションは1室だけなので、入居者がいらっしゃらない場合には収入が0になってしまいます。
しかし、1棟マンションは1室が空室になっても他の入居者の賃貸料でカバーできるためリスクが少ないのです。

【付き合うべき不動産屋とは?】
不動産投資の経験があり、実績を上げている人でないと良い物件の見極めは出来ません。
また、購入後のことはフォローを何もしない会社が多いのですが、本番は購入後の客付けや運用になります。
購入後の運用も経験があり、サポートの厚い会社と付き合うべきなのです。

【自己資金0で資金をセーブ】
不動産投資を行う場合のローンには、種類があります。
よく耳にするフルローンとは物件価格をすべて融資で賄うという意味になります。
しかし、物件購入には物件本体の価格とは別に登記費用や火災保険などの経費も掛かります。
これらを賄うことができれば自己資金を使わずに投資を行うことが可能となります。

そして、弊社、フューチャーイノベーションではできるだけ自己資金0に近づけるようなお手伝いができます。
そのため自己資金が無くてもマンション経営が可能なのです。

【家族の理解】
さて、ここまで来て是非ともマンション経営を始めてみたいという方も多いかと思います。

しかし、ここで大事なのが家族の理解です。
独身の方であれば特に問題なく実施していけるでしょう。
結婚されている方であれば、初期費用が掛からないからと言って奥様に内緒でマンションを購入するわけにはいかないですよね。

ここは正直にマンション経営を検討していることを話して、不動産投資について勉強をしていることをアピールしましょう。
団体信用生命保険などの保証がしっかりしていることもアピールすると良いかも知れません。

また、弊社フューチャーイノベーションに夫婦でお越し頂ければ誠意をもって説明させていただきます。
是非安心して不動産投資についてご検討ください!

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください