不動産投資のメリットとデメリット

役に立つ情報

不動産投資のメリットとデメリット

本業とは別の副収入を得たいと考えたことはありますか?
私の知り合いでもサラリーマンでありながら副収入を得ている方が何人かおります。
そこで、今回は副収入として人気のある以下の3つを比較してみました。

・株式投資
・オークションサイトでの販売
・不動産投資

【株式投資】
ドナルド・トランプ氏が大統領になってから株価が上がっていますよね。
ニュースで話題になっているので、気になっている方も多いかと思います。
そこで株式投資のメリット・デメリットを見ていきましょう。

・メリット
株価が上がり大きく利益を得られる可能性があります。
テンバガーという言葉をご存知でしょうか?
株価が10倍以上となった株式銘柄のことを指します。
パズドラで有名なガンホーなど大きく株価が値上がりしたことで有名ですよね。
給料を10倍も大きく上げることは難しいですが、株式ではまだ可能性があるのですね。

・デメリット
値下がりする場合は大きく下がる場合があります。
景気の良し悪しがすぐに株価に反映されるため、昨日まで調子よく上がっていたのに翌日から連日連夜値下がりが続くということも多々あります。
そして、万が一、投資した銘柄が上場廃止となったら、すべてが無くなってしまいます。
また、リスクも大きいため手持ちの資金を全額投資することは難しく投資効率が良くありません。

【オークションサイトでの販売】
商品を安く仕入れ高く売ることにより、利益を得られるオークションサイトでの販売です。
こちらもサラリーマンに人気のある副収入ですよね。

・メリット
まずは家にある不用品を販売してみるなど、少ない資金で気軽に始められます。
売れ筋商品を安く仕入れられる仕入れ先があれば安定的に収益を上げられます。
また、商売の基本を学べられるので、将来お店などを経営したい方などは経験になります。

・デメリット
商品の仕入れや販売時の発送などの労力がかかります。
サラリーマンが副収入を得るには労力が掛かりすぎるのは大変ですよね。
また、利益の出る商品を探し続けることは難しく、仕入れた商品が売れ残り在庫となってしまうこともあります

【不動産投資】
さて、不動産投資についてです。
2020年のオリンピックも控えて今、最も注目されている副収入ではないでしょうか。
こちらのメリット・デメリットを見てみましょう。

・メリット
金融機関から借り入れを行うことにより、高額で収益性の高い物件を購入できます。
株式投資でも信用取引で自己資金の3倍ほどの株を購入することができますが、
不動産投資は本人の属性にもより、年収の10倍ほど借り入れすることも可能なのです。
その分、収益が高い物件を購入し収入を得られる可能性が高いのですね。

また、株式では景気に直結して株価が上下しますが、不動産はゆっくりと上下していきます。
そのため、景気悪くなってもすぐに価格が下がりません。
また、家賃も大きく下がるわけではありませんので物件価格が下がってもすぐに収益が下がる訳でもありません。
安心して本業に力を注ぐことができますね。

・デメリット
価格が高い分、売りに出してもすぐに買い手がついて現金にすることが出来ない場合があります。
そのため当面の生活に必要な費用は手元に残して物件を購入することをお勧めいたします。
また、火災、地震などにより物件が破損することもあります。
これは保険などである程度カバーできますのでご検討ください。

【まとめ】
さて、いくつかの副収入を得る方法と比べてみましたが、
サラリーマンの副収入を得る方法としては不動産投資が一番、手間やリスクが少ないと考えます。
もちろん、その分場所や物件が重要となります。
不動産投資はどの物件を選べばいいのか分からず迷ってしまうかもしれません。

そんな場合には、私たちフューチャーイノベーションには専門の知識を持ったプランナーがいますので是非ご相談ください。
お客様一人ひとりに合ったプランを提供させていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください