現在までの不動産投資の流れ

役に立つ情報

現在までの不動産投資の流れ

不動産投資というと、不労所得の代表選手としてマスコミで取り上げられて、
雑誌のマネ-教室等でも盛んに取り上げられています。
「汗水かいて働かなくてもこうしたら儲かります。これぞ不労所得です。」
という不動産投資についての講習会が各地で開かれます。
実際、いつの時代でも不動産投資はすたれたことが無く、安定した投資方法として位置づけられてきました。
特にバブルの時代は不動産の価格が、世の中の物価を引き上げていたので、所謂マンション投資というのが盛んにおこなわれました。
あの頃は、世の中全体がおかしくなっていたというのは間違いないですが。
その中で、利益を取った人が沢山おられましたし、
その反面、大損を食らって、後の人生を借金返済の為に費やすことになってしまった人がおられたのも事実です。
つまり不動産投資も確実にもうかる投資というものはなく、
投資という以上必ずリスクがあり、判断を間違うと大きな痛手を負うのは間違いないです。
不労所得には、目利きが必要になるのです。

バブル成長期、不労所得としての不動産投資はマンション投資のことであり、
キャピタルゲイン(値上げ金額差益)をいかに取るかということにかかっていました。
つまり一度物件を購入したら、その物件が短い期間で値上がりするので、
直ちに売却してしまい、売却益を取るというのが基本的なスタンスでした。
たしかに、良質なマンションが値上がりしましたが、
そうでないマンションもある程度値上がりしたので目利きがあまり効かなくても、
早々売却することで、利益を取ることが出来ました。
不労所得そのものでした。

ただバブル後半は、目利きがないと、買ったものの値上がりしないということがしばしば発生して、
そのうちにバブルはやがてはじけてしまうのでした。
目利きの利く人は、トレンドを読んで物件をはやばやと手放していました。

時が流れて平成の今、マンションの値上がりというのは、まずありえないこととなり、
キャピタルゲイン(値上げ金額差益)を取ることは困難な時代になっています。
しかし、不労所得としてマンション投資が盛んにおこなわれているのはやり方が変わったからです。
駅近の、商業施設が近くにある、
「ああ、ここに住んでみたい。いいマンションだな。」と思わせるマンションを購入し、
確実に賃貸人がついて、安定した収入が毎月入ってくるというのが基本の形になっています。
キャピタルゲイン(値上げ金額益)を追いかけるのではなくて、
長い間所有して賃料を安定して、インカムゲイン(賃料収入益)をとるという方法が主流になっています。
それが現在の不動産投資の流れです。

その際に、注意すべきことがあります。
それは、確実に賃貸人がつく物件をみつけることです。
どんなにすばらしいマンションでも、いかにデザインの良い物件であっても賃貸人が入らないと、賃貸収入がゼロになります。
バブル経済の頃のマンション投資にも目利きが必要でしたが、平成のマンション投資には、もっと眼力が必要です。
ここが外れると、資金計画に大きな変更を余儀なくされます。
動産投資する人は、業者の描く夢の不労所得生活に心が奪われてしまうのですが、
ちょっと立ち止まって考えるべきなのです。
ご自身のここに住みたい、という感覚は大切にしつつも、
その上で選んだ物件はエリアに適した物件なのか、需要はあるのかなど答え合わせをプロと行うことも大切です。

そのような失敗に陥らないためにもぜひ専門のコンサルタントにご相談することをオススメ致します。
フューチャーイノベーションのスタッフがお客様に寄り添い、最善のプランをご提供いたします。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください