老後を安心して暮らすためには

役に立つ情報

老後を安心して暮らすためには

老後、不安な人はたくさんいらっしゃると思います。
経済的に余裕があるのか、健康的な体は維持できるのかなど不安要素は様々あります。

また老後の資金はどのくらい貯めておくべきか不安ですよね。
派手な生活とはいかなくても、老後も多少の楽しみは必要です。
好きなものを食べ、年に1回海外旅行に行くようなゆとりのある老後のために、
少しずつ貯金を始めている方もいるかもしれません。

また今の現役世代の人は年金や退職金を確実にもらえるかも分からず、
余裕のある生活を送ることを想像しにくい状況です。
そのために漠然とした不安を抱えてしまうケースが多々あります。
では、いったい老後の生活費はいくらかかり、いくら準備をすればよいのでしょうか。

老後のために準備するお金は、年金などの収入合計と老後にかかる生活費や医療費などの支出の合計の差額から求めます。
老後の生活費は、総務省の統計を参考にして年間294万円(月24.5万円)かかります。
実際に60歳で定年になり65歳から年金受給が始まり、90歳まで夫婦で生きると想定すると約8820万円もの金額が必要になります。
これに介護費や医療費などの予備費を考慮すると、1億500万円の支出になります。
こう聞くと今と老後の支出は同じどころか多くなる可能性もあるということです。

では年金収入では、いくらもらえるのでしょうか。
現在40歳の夫婦を前提とします。夫40歳(会社員)・妻40歳(専業主婦)
夫の年金収入は男性の厚生年金加入者の平均的な給与水準を参考にすると
約193万円、妻の年金収入は8年程会社員で働いていたとして約93万円。
90歳までに二人で約7150万円の年金を受け取ります。
したがって、この差額から老後のために準備が必要なお金は年金を差し引いて3350万円ほどです。3340万の貯蓄が必要…となります。

そもそも、生活費・家のローン・子供の教育費などがかかる今、3350万円の貯蓄なんて
無理だと感じている方も多いかもしれません。

そこで昨今、将来の事を考えて老後のために不動産投資を始めるサラリーマンの方が増えています。
年金、貯蓄を切り崩していくのは正直不安ですよね。
そこで老後安心して生活するために、収入の事を考えなくてはいけません。

仮に40歳の方が働ける期間として、後20年あります。
20年間で生活費、家のローン、子供の教育費などを払いつつ3350万を貯めるのは難しいと思います。
ただ不動産投資を行っていれば、60歳以降も関係なく不労所得を得ることができます。
また、不動産投資は手間暇がかからないので、サラリーマンが始めるにはかなり適しています。
購入後の物件管理・運営は、基本的に管理会社がやってくれますので、本職に影響せずに収入を得ることができます。

ローンが支払い終わったら不動産を担保にすることができ、年齢に関係なく、銀行から融資を受けることができます。
定年後は現役世代と異なりお金を借りることすらほぼできなくなります。
お金を借りられる権利を持てるということは、老後の不安を解消できる1つの要素となり不動産投資をする大きなメリットですね。

老後を安全に暮らしたい方、老後の不安を解消したい方、この記事を読んでいただき
不動産投資に興味を持って頂けた方。
不動産投資は始める際にはぜひコンサルティングを受けることをお勧めします。
専門のプランナーのアドバイスを聞くことでより確実安全に不動産投資を行うことができるでしょう。

その際は、フューチャーイノベーションまでご相談下さい。
将来のことを考え、長期的なプランを提供させていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください