区分マンションを契約してしまったら?

役に立つ情報

区分マンションを契約してしまったら?

フューチャーイノベーションでは不動産投資を始める方に対し、
区分所有と一棟所有では一棟所有をおすすめしています。
お客様の中には区分を買ってしまってどうすればいいのか…というご相談も多々あります。

ある日、このようなお問い合わせがありました。
「区分マンションを契約してしまい、50万円の手付金を払ってしまっています。
取り返すことはできますでしょうか…」

そもそもどうして区分所有と一棟所有では一棟所有のほうが良いのか説明します。

不動産投資の利益の取り方には、2種類あります。
まず1つ目が、インカムゲインで(※1)、毎月家賃収入による利益の取り方です。
そして2つ目が、キャピタルゲイン(※2)、物件を売る際に買った値より高く売って売却益を取る利益の取り方です。
※1 インカムゲイン…資産を保有する事で生じる利益
※2 キャピタルゲイン…資産を売買する事によって生じる利益

例えば、新築の区分マンションで買うと新築プレミアムがついており通常よりも割高な価格になっています。
しかし1回住んでしまうと大体2~3割の価値が下がってしまいます。
例えば、1500万円で新築物件を買って、2年後に売却をしても1000万円ぐらいにしかならないケースもあります。
このようなケースだと、キャピタルゲインは当然出ませんし、
そもそも区分所有は空間の購入であるため、土地としての価値が全く出ません。

また、インカムゲインに関しても、1室を貸し出しするので入居率が0か100%しかありえません。
空室が出てしまった時には大幅なキャッシュアウトとなるため、ハイリスクと言えます。
これらの理由から新築の区分所有はあまりお勧めできません…。
新築の区分所有はほぼ失敗してしまうパターンが多いのが現状です。

ここで重要なのが不動産投資は土地に価値があるということです!
弊社でお勧めしている投資用不動産は土地の比率が最低でも50%以上の物件をご紹介しています。
例えば、1億の物件を購入すると、土地だけで最低でも5000万円の価値がある物件を選定します。

区分マンションを3000万円で買ってローンの元金・利息、管理費などを支払い、
手残りが月5000円しか入ってこないと利益率が相当低いですが、
弊社で紹介している1棟物の新築アパートだと数倍のインカムゲインが入ってきます。
だからこそ区分マンションよりも一棟マンション、更には土地の価値が高い物件を選定することが大切です。

冒頭の区分マンションの契約の為に手付金を払ってしまった話に戻りますが、
手付金を50万円すでに払ってしまっている場合については、手付金を放棄すれば解約する事はできます。

実際、新築区分マンションを購入し10万円の家賃設定で空室が出てしまったら、月々10万円の赤字を生み続けてしまいます。
対策として、家賃を下げれば入居者が決まりますが、その場凌ぎになってしまい、結局はマイナスを膨らませるだけになってしまいます。
それであれば手付金を勉強代だと考えて、放棄した方が傷は浅くて済みます。

また買ってしまった人に対しては、いくらで売れるかが問題になります。

このように「もう既に買ってしまった」「手付金を払ってしまった」という状況でも対策はございます。
フューチャーイノベーションでは、そういった悩みや問題を抱えられている方の今後の資産運用について、最善のアドバイスができます。
また、不動産投資を始めようとしている方からのご相談も多数受け付けております。
まずは物件の購入をされる前に、頼れるコンサルタントに相談するのが一番です。
フューチャーイノベーションでは、貴方のお悩み解決や夢実現へのサポートをさせていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください