不動産投資におけるメリットは不労所得だけではない

役に立つ情報

不動産投資におけるメリットは不労所得だけではない

不動産投資を始めるにあたってまず考えてしまうのが、
「他の投資や貯金と比較してどのようなメリットがあるか?」との点です。
不動産投資を始めるには多額の費用が必要であり、確実なメリットが見つからないとなかなか足を踏み出すこともできませんよね。

そこで不動産投資におけるメリットをいくつか紹介します。

■何と言っても不労所得が一番の魅力

本来収入を得るには仕事をして対価であるお金をもらわなくてはいけません。
しかし不動産投資では、働かなくても毎月一定の収入を得ることができます。
これを「不労所得」といいますが、実際には毎月の家賃だと思って下さい。

例えば病気やケガで仕事ができない状態になっても、不労所得を確保していれば心配することはありません。
また不況などの経済状態に左右されることも少ないのが、不動産投資の不労所得です。

特に人気のエリアでの不動産投資では、家賃の下落も見られず安定した収入を得ることができます。
また一定額以上の不労所得を確保することができると、仕事を辞めて不労所得だけで生活することが可能になります。(夢のリタイヤ生活)

■思ったよりも少額で開始できる

不動産投資はお金持ちしかできないと思っている人が多いのですが、それは間違いかもしれません。
多くの不動産投資では「投資用ローン」が利用されており、頭金も極少額であることが珍しくありません。

最近では頭金なしでローンを利用するケースが増えています。
不動産投資はしっかりとした担保を金融機関に提供できることから、少額の費用で開始できる投資なのです。

■インフレに強いのが不動産投資

インフレとは貨幣価値が下がり、物価が上昇することですが、その時には家賃も上昇することから、不動産投資はインフレに強い投資法だと言われています。

また土地や建物の価値もインフレと共に上昇するので、日銀がインフレ政策を行っている現状では有利な投資だと考えらます。

■将来の年金や生命保険にもなる

公的年金は将来的に更に縮小されると考えられており、国民年金では月々6万円程度しか支給されません。
また支給開始も現在の65歳から引き伸ばされる可能性も高く、自衛手段としての不労所得を確保することが望ましいのです。

不動産投資の不労所得は年金を補う収入としては理想的で、年金制度に変化があった場合でも慌てる必要がなくなります。

また不動産投資で投資用ローンを利用したケースでは、団体信用生命保険の加入者になります。
その状態で契約者が死亡した場合、ローン残高は保険会社が支払うことで、
不動産は全て遺族が債務なしで相続することが可能です。
つまり不動産投資は生命保険の代わりにもなるのです。

■相続税対策として有効

数年前に相続税の基礎控除の改定があり、相続税を課税される国民が増加しています。現在では「3000万円+600万円×法定相続人の数」で基礎控除が算出されており、相続人が3名(妻、子2人)のケースでは4800万円が基礎控除です。

この基礎控除以上の相続財産を持っていれば、相続税を課税されてしまうのですが、ここで大切なのが財産の評価額になります。
現金や預金ではそのままの価値が評価されますし、株式も基本的に時価的な評価になります。

しかし不動産の評価では市場評価額よりも割り引いた評価になることから、相続財産を圧縮する効果が期待できます。
一般的には20%~30%程度の圧縮が期待できることから、預金などで保有しているよりも相続税が少なくなります。

■絶対にゼロにはならない投資法

例えば株式投資では投資している会社が倒産すると株式はタダの紙切れになってしまいます。またFXなどの為替取引では、レバレッジをかけることで、投資額以上の損失となってしまうこともあります。

しかし不動産投資では実際に不動産を所有することから、何が起こっても資産がゼロになったり、投資額以上の損失を受けたりすることはありません。
例え火事で建物が消失してもアパート・マンション1棟ものの場合は、土地は残りますし、火災保険で損失をカバーすることも可能です。
その意味では損失リスクが限定されているのが不動産投資なのです。

以上の事から不動産投資がいかにメリットの多い優れた投資であるかがおわかり頂けたと思います。

不動産投資に興味が出てきたという方は、ぜひ専門のプランナーにご相談することをおすすめします。
自分一人ではなかなか始めるのが困難だと思います。
不動産投資のことならぜひフューチャーイノベーションにお任せください。
購入後のサポートまで行いますのでご安心してご相談ください。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください