不動産投資における管理の大切さ

役に立つ情報

不動産投資における管理の大切さ

不動産投資をしようと思った時、皆さん色々な目的があると思いますが、やはり1番はインカムゲイン、いわゆる家賃収入を得ることを目的とされている方が多いのでは無いでしょうか。

その為には、入居者が居心地よく長く住んでくれる事、卒業や結婚など入居者の生活の変化に伴った退去が発生した時にも、素早く次の入居者が決まるという事が大切ですね。

これから不動産投資をされる方の場合は、管理会社へ全て任せられる方が多いと思いますが、管理会社から様々な提案があった時それらがどういった効果を狙ってのものかを知っておく事も大切です。

それでは、維持管理を中心に既に入居している入居者に長く住んでもらう為の方法と、空室が出た時に素早く次の入居者に入ってもらう為の方法をそれぞれ考えてみたいと思います。

【入居者に長く住んでもらうには?】
既に入居者がいる物件は少しでも長く住んでもらう事で、大家さんにとってはメリットが多い事があります。
入居者の不満や不便を取り除いて出来るだけ長く住み続けて貰える様にしましょう。

■更新時に更新料を課している場合は、退去のきっかけになることもあります。更新料無料を検討してみるのもよいでしょう。

■共用部を充実させる。
・地域性にもよると思いますが、監視カメラ導入なども入居者の満足度アップに繋がります。
・小さな事ですがポスト周りにゴミ箱を設置する事で、入居者がチラシ類の処理をし易くなります。
共用部は清潔に保つ事が大事です。
・エントランスに花壇などがあれば綺麗に植栽しましょう。
入居者が友人を招く際などにもエントランスが綺麗だとイメージアップになるので喜ばれますね。

■室内のお掃除サービスを提供。
入居者が単身の場合は、お部屋内のお掃除サービスを更新のタイミングなどにプレゼントするのもいいかもしれません。
無理強いはいけないので、希望の有無を確認してから大家の費用負担で専門業者に水回りなどの清掃をしてもらいます。
これは、室内の維持管理にもなるのでオススメです。

■更新時に1ヶ月の家賃無料サービス。
更新料を無料にしてもなかなか競争が激しい地区などでは、2年の更新毎に1ヶ月分の家賃を無料又は半額にする事を考えてみても良いでしょう。
大きな経費に感じるかもしれませんが、退去となった場合に必要になる部屋のクリーニング費、広告料、そして築年数経過による家賃相場の下落などと考え合わせた時、どちらが大家にとって利益になるか考えてみましょう。

【退去者が出た時、素早く次の入居者を決めるには?】

■ネット検索にヒットするか確認。
現在は、ほとんどの入居者がまずインターネットを利用して物件を探しています。
あなたの物件はちゃんと検索されていますか?
もしも、検索条件が当てはまるのに表示されない場合は、多くの表示を出している不動産会社に自分の物件の広告を出してもらう様に連絡をとってみましょう。

■敷金・礼金を0円に。
今後ずっと継続される家賃を下げてしまう前に、まずは敷金・礼金0円や引っ越しお祝い金などの一時的なサービスを考えましょう。
相場以上に安易に家賃を下げてしまうと、もし物件を売却する事になった時、次の購入者が検討材料にする利回りの計算上でも不利になります。

■内見セットを設置する。
モデルルームほど大げさで無くても良いので、その部屋に適した小物を飾ると内見に来られたお客様の印象が良くなります。
新規入居者募集を賃貸管理会社に任せている場合でも、担当者と相談のうえ調達するとよいでしょう。
ワンルームなら空間を圧迫してしまわない範囲で、窓際に小さなデスクセットを置いたり、玄関に綺麗な鏡を置いたりするのも良いですね。
間違っても内見セットを使い回している内になんとなく古くさいデザインになってしまったなんて事のない様、「ご希望があればそのままプレゼントします」と言う一言を添えるなどして、時々は内見セットも更新するとよいでしょう。

不動産投資で最も大切な家賃収入を得続けることは、こまめな管理で叶えられる部分も大きいです。
そして又、売却の事を考えたときにもしっかり入居者をつけて置くことは大変有利に働きます。
管理会社と上手に付き合いながら、入居者の満足度を高く維持する事がとても大切であると言えるでしょう。

また、良い管理会社に出会うことは簡単なことではありません。
フューチャーイノベーションでは、お客様の不動産投資活動がうまくいくように全力でサポートさせていただきます。
不動産投資のことなら、ぜひ弊社にご相談ください。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください