不動産投資を始めるなら抑えておきたいポイント

役に立つ情報

不動産投資を始めるなら抑えておきたいポイント

不動産投資というものは、利益を得るという目的があり、資金を投入し、そして資産を増やしていくと言うことを言います。
不動産投資は、銀行預金などと比べると、リスクは高いですが、株と比べるとそのリスクは低くなります。
このため、ミドルリスクミドルリターンの投資であるとも言われています。

不動産投資とは、キャッシュフローを最大限に大きくしていくために、投資を追求することを指しますし、動くお金も大きくなります。
ミドルリスク、ミドルリターンの投資であり、損をしてしまうこともあるといえるでしょう。
損をしないためには、ポイントを抑えることが大切です。

まず不動産投資を始める際に、多くの場合、一棟マンションを買うか、区分所有マンションを買うか迷われるかと思います。
実際に不動産のセールスマンは区分所有マンションがいいと強く言う方がいます。
区分ですと、一棟マンションに比べ投資額がかなり違いますので、手軽に始められる印象がありますよね。
しかし区分所有ですと、空室が出てしまった時、収入が途絶えてしまい、自分で管理費や返済額を支払わなければならないというデメリットがあります。
その点一棟マンションですと、1部屋空室が出ても他の部屋が埋まっていれば収入が0になることはありません。
そして、重要なのは、不動産の価値は売却時に決まる、ということです。
区分マンションですと、その部屋のみの価格で売買されるため、築年数が重なるとそれに伴い売却額が低くなります。
しかし、一棟マンションには「土地」も含まれるため、建物+土地の値段で売却されます。
土地の価格は大幅に下がることはまずないため、売却時大きな利益を占めます。
このように不動産投資は売却時のことまで考えて投資を始めることが大切です。

また、多額の現金や預貯金を持っていない場合でも、不動産投資というものは、可能です。
不動産投資というと、不動産を所持していなければいけないというイメージもありますし、投資をするためには、多額の所持金が必要であるというイメージがありますが、実際はそうではありません。
年収700万円以上、または夫婦合算で850万円以上の方であれば、頭金0でも融資を受けることができます。
投資を始める敷居は実はそんなに高くないということです。

不動産投資は、税金との戦いであるとも言われています。
不動産投資は、他の株などの投資と比較しても、その税金の種類が多く、複雑になっています。
このため、もしも多額の利益を得たとしても、税金がかかってくることを考えておかなければなりません。
たとえば家賃収入にかかる税金は、不動産所得に課税されます。
収入-必要経費で不動産所得が計算されます。
家賃収入額が多くても同じように必要経費が多ければかかる税金も小さくなります。
このように効率よく投資し、利益を得るためには、それにかかってくる税金のこともしっかりと理解をしておく必要があるのです。

不動産投資というのは、購入をして終わりというわけではなく、その後も成長や監視が必要であると言うことを知っておく必要があります。
保有期間中の運用益などをしっかりと見ておきながら、損切りをすると言うことも必要であるといえるでしょう。
また、不動産投資をアウトソーシングするという方法もありますが、なるべく自分自身でも専門知識を付ける必要があります。

そして、分からないことがあればぜひ専門のコンサルタントに聞きましょう。
フューチャーイノベーションでは不動産投資に関するご相談をお待ちしております。
投資を始めるのであれば目的をしっかり持つこと。
その目的、夢に向かうための準備やサポートをするのが私たちの役目です。
不動産投資を始めるのであればぜひフューチャーイノベーションにお任せください。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください