不動産投資のリスクを知ろう

役に立つ情報

不動産投資のリスクを知ろう

不動産の投資の魅力は、物件そのものの値上がり益が狙えるキャピタルゲインと家賃収入が得られるインカムゲインであり、ローンの支払いを終えれば、家賃収入が大きな収入源になるため、サラリーマンの副業としても人気があります。

インターネットやメールを閲覧すれば、投資用マンションの広告や案内メールを目にしない方が珍しいほど情報が溢れ返っています。
人気があるエリアでは、一般庶民では手が届かない領域まで市場価格が高騰し、正にバブルの状態にあるのではないでしょうか。

不動産価格は、物件の供給と需要のバランスによって形成されますが、人気エリアを中心に新築マンションが続々と誕生し、相続税対策などで需要の少ないエリアまでもアパート建設ラッシュが続いています。
しかし、国内では総人口が減少に転じ、過疎化が進んでいる地域に限らず空き家問題が深刻化している地域もあります。昭和の高度経済成長期に造成された団地は、子どもの姿がいなくなりお年寄りだけの街になってしまい、設備の老朽化が著しく進んでいます。

このような状況下で不動産投資を始めるには、将来起こりうる様々なリスクを想定し、慎重な姿勢で臨むのが賢明ではないでしょうか。

不動産投資のリスクにはさまざまありますが、その中でも起こりやすいのは空室リスクです。
日本ではすでに人口減少時代に突入していて、地方を中心にその傾向が顕著に現れていることから、立地条件が何よりも大事になってきます。
東京23区内に注目して見てみるとは、企業や学校などの施設が集約しているため、全国各地から人が集まり賃貸需要が高くなっています。その中でも東京駅・新宿駅・渋谷駅などの主要ターミナル駅へダイレクトにアクセスできる沿線は狙い目です。

また、不動産は、いくら部屋のグレードが優れていても賃料設定が高すぎれば、入居者も限定されてしまいます。
デザイナーズマンションは、エントランスを初めユニットバスなどにも凝っていて、ホテルと見間違えるほど豪華な内容で、物件としては魅力的でありますが、家賃設定がどうしても高くなってしまう傾向があります。
逆に住みやすさにこだわったシンプルな間取りと内装、
借りやすい価格帯の物件であれば、入居者も集まりやすく需要も多いため価値が保たれます。
主要ターミナル駅まで乗り換えが不要な沿線であれば、多少距離が離れていても人気が高いので穴場です。
特に、始発・終点に大きな駅がある沿線は、資産価値が高く理想的な立地条件ではありますが、エリアによってはバブル化しているため、景気などの外部環境の影響も大きく受けやすくなります。

買い手側からの視点から見れば、「古すぎない」・「高すぎない」・「住みやすい」の三拍子が揃っていればそれなりの需要が発生すると想定されます。
不動産購入のエリアで迷っている方はぜひ専門の知識を持ったコンサルタントにご相談することをおすすめします。

不動産投資のリスクとしてもう一つマンションは購入したら、売却する時には中古物件になるため、価格の下落は免れられないことがあります。
しかし資産価値の高いエリアであれば、そのリスクを軽減できます。
投資用不動産の購入を検討する際は、土地の価値を見ることが重要です。
土地の価格は大幅な変動がなく、実際売却する際に手元に残るのは土地の価値分がほとんどです。

不動産は高価な買い物であるため、例え人気エリアであっても、本質を見極める目利き力必要です。
不動産投資を始めようとしている方はぜひフューチャーイノベーションにお任せください。
不動産投資についての経験豊富なプロフェッショナルがあなたに最適なプランを提案します。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください