あなたはどれに当てはまる?実例から学ぶ「初心者の不動産投資」

役に立つ情報

あなたはどれに当てはまる?実例から学ぶ「初心者の不動産投資」

不動産投資は個人で行いますので、人の数だけ見合う物件の種類や内容は違うものです。
他の人、特に成功している人はどんな手法で初めての不動産投資に挑戦したのでしょう。
ここでは性別や年齢、年収などを分け、不動産投資を行った方の実例を紹介します。
実際に不動産投資を始められた方を例に挙げて説明します。
当てはまる項目や似ている箇所、自分との違いが知れるでしょう。
他に人の体験を元に失敗を回避し、不動産投資を成功につなげる術を学びましょう。

【実例①Aさん】
九州に住む33歳の男性、年収は1300万円。以前より区分マンションを所有していたが利益が少なく、マンションの一棟買いを決意する。区分マンションは売却せずに都内で一棟マンションを購入。

Aさんは退職後の生活のために不動産投資を始めています。目的が実に明確ですね。
失敗する方の場合、期待を下回る利益を得た区分マンションで諦めてしまいます。
一方、Aさんのように成功を引き寄せるものは利益を得られる手段を次に選び、実行へ移すことです。
この場合は、区分マンションで成功しなかったという失敗から改善策として一棟マンションでの投資を始めたことです。
目的を明確にし、その目的を果たす方法・取るべき手段を考え た結果です。
成功には『目的を明確に、実行する行動力が求められる』とこの方からは学べます。

【実例②Bさん】
東京・築地に住む独身の女性。年収は800万円。不動産投資用物件は都内に購入。不動産投資を始めたきっかけは、結婚を機に将来の収入低下への不安と相手の年収が自分より低いことから、結婚後も生活水準を保てるようにしたいため。始めは中古物件を視野に入れていたが、購入した物件は新築一棟マンション。

こちらも将来に備えた投資、目的は明確です。
融資を受けられる期間は年齢によっても左右されます。
それにより、購入先の幅が中古から新築まで広がります。
目的に合わせた物件を見つける条件をこの方は備えていました。
先を見据えた行動をした結果、融資が下りる条件と購入する物件が現れたと、この方の例から読み取れます。

【実例③Cさん】都内に住む28歳の男性。既婚者で年収は夫婦合算で1000万弱円。都内の物件を購入。不動産投資を始めるきっかけは、将来のため。定年退職後や急に訪れる失業に備え、若い今のうちに投資を始めた。 この方は自己資金300万円で3億の物件を購入。

30年ローンは年齢と夫婦合算の収入によるものでしょう。
早いうちにローンの返済し、完済後は1500万円ほどが年間の収入になります。
このように時間、収入・預貯金、目的が揃うと利益を得られる物件を手に入られます。
少ない自己資金でありながらも、投資物件を購入する融資がこの方には下りました。
こちらの男性は三つの要素、「若い時期の投資物件購入」、「一定の高い収入」、「明確な目的」が不動産投資を成功に導いたと考えられます。

実例を読んだことで、身近に不動産投資を感じられたでしょう。
足りない要件から自分が取り得る不動産投資の手段がこれで明確になったと思います。

【まとめ】
例に挙げた三人の方は皆、目的が定まり、自分自身のことをよく理解していました。
不動産投資を成功につなげる秘訣は「自分をよく見つめる」、この一言につきるでしょう。
投資の目的、所有する資産や預貯金の額、現在の年齢を見つめ、投資を行う。
目的が明確な方は実行力を伴っていました。
将来を不安に思う方は、早くに始め、時間を味方に付けています。
皆さんも、始めるなら今でしょう。
ただし、思い立ってもまず自分を見つめ直すこと、行動はそれからです。
そして何のために投資用不動産を買うのか、目的も必ず考えてください。

不動産投資を始めるのであればぜひ専門のプランナーに相談するのが良いでしょう。
フューチャーイノベーションでは、目的に合ったプランの提供とお客様のサポートをさせていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください