不動産投資を始めるならまずは投資対象の選定から

役に立つ情報

不動産投資を始めるならまずは投資対象の選定から

サラリーマンが不動産投資をこれから始めるなら、投資の対象である物件の種類(中古・新築)や立地(都心・地方)は事前に決めておくことが成功への近道です。
得られる収益や空室に伴うリスクはそれぞれ違いますので、目標とする収入額や物件特有の利回りなどを検討した上で、物件の紹介を受けましょう。
とはいっても、物件の購入経験がない初心者は不動産投資に関する知識はゼロに等しく、情報を得る術を知りません。
そのため、不動産投資のプロにすべて任せてしまうことが考えられます。
では、どのような物件が投資家初心者に向いた建物なのでしょうか。

【投資物件は都心・新築一棟買い】
長い目で見ると、都心の新築マンション一棟が仕事に忙しく時間のないサラリーマンに適した物件です。
なぜなら新築は中古の建物に比べて高い重要が見込めるためです。古い部屋よりも真新しい部屋を選ぶ心理は誰もが持ち合わせており、空室が発生してもすぐに入居希望者が現れる確率が高くなります。
ただし、購入する物件はマンションの一部屋だけの区分所有でなく、一棟と考えましょう。
区分マンションには危険が伴います。
というのは、一棟を購入すれば数十室から家賃を収めてもらえます。
この内の一室に空きがあっても、収入は空室分を引いた額が家賃としてこちらに振り込まれます。
しかし、一室のみを所有する区分マンションですと、空室は「家賃収入=ゼロ」を意味します。
期待した収入が一銭も得られない場合と、目減りした額でも月々に得られる状況を想像してください。
物件はお金を借りて購入する場合がほとんどです。
そうしますと、決まった額を毎月返さなくてはなりません。
と、なれば区分マンションを買う方がマンションを一棟買うよりも、そのリスクは高いといえるのです。

【サラリーマンは融資に向いている】
区分マンションを購入して失敗をしてしまう方は、サラリーマンという属性に気が付かなかったのでしょう。
毎月決まった額の収入があって、世間で認知される職業の方であればさらに良く、融資の審査が通りやすいのです。
まとまった頭金と月々の給与所得はその人の信用に値します。
つまり金融機関は返済能力を収入額と社会的信用から判断をする、ということです。
サラリーマンでもマンション一棟を購入するための融資が下りると分かれば、リスクの高い区分マンションをあえて購入することはありません。
一棟ごと所有し、空室を出さないように手を尽くせば、念願だった家賃収入による不労所得が得られます。
忙しいサラリーマンであっても、限られた時間を使うことで、不動産投資を行えてしまうのです。

【失敗例・区分マンションの購入でマイナスの連鎖】
区分マンションのリスクを実例から学びましょう。

ある方は3000万で、新築の区分マンションを都内に購入しました。
しかし、空室が続いて期待していた家賃収入は得られず、毎月五万円の赤字を出してしまいます。
マイナス分の補てんに2000万円の区分マンションを買い足すも、成果は見られずマイナス収支が続き、さらにもう一部屋、区分マンションを買い求める悪循環に陥りました。
マンション一棟よりも購入価格は安く、リスクが少ないと見誤った結果が月々のマイナスに現れたのです。
不動産投資家は、振り込まれる家賃をローンの返済に充てています。
「目減りした家賃収入」と「収入なし」を比べてみれば、区分マンションの購入は誤りであったと言えるでしょう。
不動産投資の物件に区分マンションを選んでしまうと、空室=収入ゼロというリスクを負ってしまうことになるのです。

フューチャーイノベーションでは、このような負のスパイラルを避けるためのアドバイスもしっかりさせて頂きます。投資をして利益を得て実績を作ることにより銀行からの信頼も増し、さらに新しい投資を始めることもできる、このような好循環を一緒に作り上げていきましょう。
あなたからのご連絡、ご相談をお待ちしております。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください