不動産投資は低リスクで長期的、安定的な収益

役に立つ情報

不動産投資は低リスクで長期的、安定的な収益

少しでも貯蓄を増やしたい、働かずしてお金を稼ぎたいなどお思いの方の中には不労所得に興味がある方も多いと思います。
そして不労所得の代名詞とも言えるものが不動産投資です。

そもそも不動産投資とは、不動産を購入し利益を得る投資です。
利益を得る方法としては、不動産を第三者に賃貸し家賃収入で収益を得るインカムゲイン方式と、低価格の時に不動産を購入し、価値が上昇した時に売却し利益を得るキャピタルゲイン方式があります。
現在は家賃収入を期待して投資するインカムゲイン方式が主流です。

不動産投資の一番のメリットは、長期的かつ安定的な収入が望めることです。
将来、公的年金は受給額が減ったり受給年齢の引き上げなどが不安視されていますが、家賃収入は長期的な収入であるため老後にも備える事ができます。
またインフレに見舞われた場合、現金などの金融資産の価値は減りますが、不動産の価値が大幅に減ることはありませんから安定的な収入も望めます。
さらに、不動産投資は生命保険にもなります。
住宅ローンを組み不動産を購入すると団体信用生命保険に加入しなければなりません。
万一住宅ローン返済中に亡くなったり高度障害になった場合には保険金から返済されることになり、残された家族に借金のない不動産が残ります。ですから、その後も家賃収入が得られるので安心です。
ところで、不労所得の中には株やFXなど大きな収益を得る事も可能な投資あります。
しかし、これらの投資は長期的かつ安定的な収益には繋がらない上に、為替相場の乱高下など自分ではどうする事もできない予測不能な要因に影響されることもありハイリスクでもあります。
その一方で不動産投資のリスクというのは、ある程度対策が可能です。
たとえば空室リスクに対しては、東京などの都心部で好立地・好条件の物件を選ぶことや、建物老朽化による家賃の下落は立地条件とメンテナンスによって防ぐことができます。
入居者募集に強い賃貸管理会社とパートナーを組めば、サブリースという空室保証システムを採用している所もあり、確実に一定額の収入を得る事ができます。
管理という面においては、不動産投資は物件の管理や入居者の管理を管理会社に委託することができるので、その手間がかかりません。
株やFXはその動向を常に確認していなければならないので、サラリーマンや公務員には難しい投資です。
また、サラリーマンや公務員なら必要経費を計上すれば所得税などを節税することができます。
不動産投資に必要なリフォーム費や維持管理費、募集広告費などの諸経費を計上し、税務上赤字になれば、給与所得からその赤字分差し引いて所得税の還付が受けられます。
もちろん投資である以上、デメリットもあります。
空室期間が長いと予定していた収益は得られない上に、維持管理などの諸経費はかかります。投資金額も高額ですが、何らかの事情で不動産を手放す事になった時に、高額であるが故にすぐに売却できるとは限りません。不動産は流動性が低いので、あくまで長期的な投資です。さらに災害で建物の損壊、消失なども考えられます。保険などの対策は十分に行う必要があります。
このように不動産投資は、不労所得の中でも比較的低リスクで長期的、安定的な収益を受けることができる投資です。
ただし、低リスクとはいえ失敗談も多くありますからしっかりとした計画を立て、リスク対策を行う必要はあります。
初心者ならば信頼のおける不動産会社を選ぶことは特に重要です。自分でリスクをコントロールできるからこそ低リスクなのです。
こうして長期的かつ安定的な収益が生まれることで、貯蓄や老後に備える事ができるのが不動産投資です。

また、不動産投資を始めるのであればぜひフューチャーイノベーションにお任せください。
まずは不動産投資についてのポイントをしっかりとお話し、分からないことがあれば何でもお答え致します。
お客様の不安をなくし、購入後の運用・売却までサポートさせていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください