サラリーマンにこそオススメの不労所得と言えば不動産投資

役に立つ情報

サラリーマンにこそオススメの不労所得と言えば不動産投資

収入を得る前提には、資本である体の健康がまず挙げられます。
この先もこれまでと同様に働ける保証はありません。
会社に勤める方々は体が動く間に失業、入院、退職、定年後などに向け収入源を確保する対策を立て、講じる必要があります。
勤め先の規模や職種によっては年収の増加はごく僅かで、これでは将来に備えた貯金は難しく、日々の生活で消えていきます。
連日仕事に追われ、収入を他に作る時間を持てていないのがサラリーマンの現状と言えるでしょう。
収入は明日途絶えるかもわかりません。
その時の入院費等はすべて保険や貯蓄でまかなえるでしょうか。
給与のほかに、生活費を工面する先を見出しておくことが、サラリーマンの安心に繋がります。

返済は賃料を支払う入居者が行う
返済が滞っては困ると考える方も多いと思います。
しかしながら高額な投資物件の支払いは購入者ではなく、入居者の家賃で賄います。購入者は一銭たりとも支払わず従来の仕事を続け家賃収入を得て、そのお金を返済に充てますので、働いて返すという概念から離れましょう。
数千万から億単位の返済を給料で賄うことは不可能です。
そうならないためには絶えず満室で稼働をする環境や手法を考えることが重要です。
住む人が返済する、そのための方法や危険を潰すと、支払い能力を持つ入居者の家賃の確保が第一と考えは変わります。返済は入居者が行い、物件の所有者は空室を生まない、気持ちよく住み続ける住環境を整えることを考えると良いでしょう。

入居の確保には「不動産業者の選定」と「情報収集」が必須
物件は不動産業者を通じて購入します。
空室を増やす危険性は窓口である業者を選ぶ段階から既に始まっていると考えてください。
見かけ上、利回りがよくても継続し利益を生む入居者が住み続けてくれるのか、確認を取りましょう。
突然近くの工場が閉鎖され、入居者が同時に出て行った事例など、考えられる事態を想定し、購入を検討します。
不安を逆手に取り、サイト上で相場を調べ、購入対象の物件へ足を運び確認します。
職種、家族構成、住環境など見落としがないか、自分の目と感覚を使うと良いでしょう。
休日など空いている時間を利用し情報を集め、検討をすることが大切です。
得られる情報は限られていますが、不動産業者にばかり頼るよりもリスクを減らす効果は格段に上がるでしょう。
一度購入した物件は売るまでに時間を要します。
すぐに購入希望者が現れたとしても、買い手側のローン審査が下りるまで売買契約は進みません。
また、購入者が運よく見つかるとも限りません。
空室分の支払いはその間給与からの支払いを余儀なくされます。
業者の選択と物件の情報収集は月々の収入や投資に大きく影響します。

投資物件は「新築」、「都内・山手線より外側」がおすすめ
オススメの物件の条件は、新築、都内の山手線より外側がリスクを回避できる可能性が高い傾向にあります。
安定した収益が見込める空室の少ない利点を新築に見出し、比較的安い値のつく山手線の外側で土地を購入、利子の返済にあてる金額を減らしましょう。
また、都内に物件を購入する利点はもう一つ、建物周辺の変化が起こりにくいことにあります。
都内は建物が密集しています。
工場の移転や競合物件の出現などは兆候が見て取れますし、人口が多いため入居者が特定の業種に偏ってしまう危険を回避できます。
地方は業種に向け物件を用意する場合が多いでしょう。
大学近くに建てられるマンションのほとんどは、学生の入居を前提としています。
大学の存在なしでは空室のリスクが伴います。
その点、都内では多様な仕事に溢れています。
条件にとらわれることなく満室や満室に近い状態を保つことが可能です。
さらに都内は、移住者の数が国内で最も多い地域。
入居の条件に見合う職種に加え、新たに仕事に就いた人も部屋を借りに上京します。
このように地方よりも都内かつ山手線の外側と新築物件が低リスクであり、時間のないサラリーマンに向いた投資物件である、といえるでしょう。

不動産投資を始めるにあたり、不安がまず先行することと思います。
フューチャーイノベーションでは、小さな疑問からリスクなど
お客様のお話をしっかり伺った上で様々な角度からアドバイスをさせて頂きます。
ご興味をお持ちの方はぜひ一度お気軽にご連絡ください。
社員一同心よりお待ちしております。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください