マンション経営のメリット

役に立つ情報

マンション経営のメリット

資産運用というと、まず、思い浮かぶのは株式投資やFX取引ということになるのでしょうが、それほど簡単なものではありません。
確かに、少ない金額でも簡単に大きな利益を上げることもできますが、同時にリスクも抱える必要があります。
FX取引に至っては、少ない証拠金にレバレッジをかけて大きな収益を狙うという投資ですが、実情は90%をはるかに超える投資家が損失を出しているという始末です。
つまり、ハイリスクハイリターン商品で収益を出すためには、並大抵の努力ではとても不可能に近いものであり、
ましてや、本業との二足の草鞋では90数%の仲間入りをすることになる可能性が大なのです。

これに対して、不動産投資の場合には、株式投資やFXのように短期間で大きな利益を狙えるものではありませんが、比較的安定した収益を目指す投資といえます。
不動産投資といってもいくつかの種類があり、住居用、商業施設用、テナントビルなどがあります。
このなかで最も一般的なのが居住用不動産への投資で、最近ではマンション投資に人気があります。
さらに、マンション投資にもいくつかの種類があり、マンション1棟、区分所有などに分かれます。
マンション1棟投資については、大きな資金が必要となるため誰でもできるというものではありませんが、区分所有に比べると空室リスクを抑えられるというメリットがあります。

例えば、ワンルームやファミリータイプを1室だけしか持ってないと、転居されてから次の入居者が決まるまでに一定の期間空室になることになり、
この期間次第では収益に大きな影響が出ることもあります。
つまり、1棟所有していれば、多くの部屋数がありますので、1~2室空室になったところでそれ程収益に影響が出ることはありませんし、
投資する段階である程度の空室率は見込んで投資しますので、予め想定することもできるのです。

ワンルームやファミリータイプなどの区分所有の場合には、上記の空室リスクはあるものの比較的少額投資で投資できるというメリットがあります。
特に、ワンルームマンションの場合にはサラリーマンでも十分に手の出せる投資対象となります。
空室率の問題についても、駅前の物件などの場合には非常に需要も多く場所によって大きく異なります。
特に、最近人気なのがワンルームタイプで、高齢者や独身者の増加に伴い、都心部などでは需要が非常に増えています。
また、ワンルームマンションの場合には、不動産投資としては比較的少額投資で済みますので、複数所有することで空室率の対策とすることも可能です。
さらに、融資を受けて購入する場合には、万が一の際には保険で返済できますので、生命保険の代用として考える人も多くいますし、
将来的な私的年金として投資を検討する人も多くいます。
せっかくの低金利時代ですから、低金利で融資を受けられるのであれば非常に魅力的な投資対象となります。
昔からある財産3分割法という考え方からすると、株式、不動産、現金となりますが、現金の場合には、言わずもがなの低金利で、何も生み出すことがありません。
とは言え、株や不動産が安くなった時のために準備しておきたいところです。
株式も短期売買は前述のように収益としては期待できませんので、あくまで将来性を期待しての長期投資が良いでしょう。いわゆるバフェット流がよいでしょう。

これらの3つの中では、不動産投資、中でもマンション投資は非常に計算しやすく、現実的に家賃収入が期待できるというのがメリットとなります。
特に、日本の場合には土地が限られていますので、不動産神話という言葉もあるように、バブル期に手を出さない限りは安心安全な投資先となります。

フューチャーイノベーションでは、お客様のご希望やご要望をしっかりとヒアリングし、
マンション経営を安定的に継続できるよう誠心誠意サポートさせて頂きます。
ぜひお気軽にご相談ください。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください