売却を視野に入れた不動産投資

役に立つ情報

売却を視野に入れた不動産投資

不動産投資では、購入した建物の管理・維持ばかりが投資物件の利用法ではありません。
部屋を貸すことで得られる家賃収入ともう一つ、物件を売却することで利益を得る、売却益でも収入を得ることが可能です。
所有し、部屋の稼働率を上げることだけが不動産投資のすべてはないのです。
売って得たお金は次の投資や所有するほかの物件の繰り上げ返済に充てることや、あるいは不動産投資以外にお金の運用先を作るなど、不動産投資は購入してからもいくつもの選択肢があります。

【収入と売却益】
例えば9000万円の新築物件を買った場合、一億円で売ると1000万円が手元に残ります。
年間の利益が200万円なら5年間の利益がここで確定することになります。
不動産投資を考える方は物件の所有を完済までと考える方が多いようですが、物件の将来は時間が経つと突発的に起こる災害などのアクシデントもはらんでいます。
まとまった収入を得て、新しいほかの投資物件を探すことへ目先を変える、このような選択も不動産投資の利用法なのです。
しかも売って得られたお金は資産となります。
頭金がネックとなり不動産を購入するときに融資がなかなか下りなかった、という方もいるでしょう。
その点金融資産を持っていると、物件を借り入れる際のハードルは下がり、さらに毎月支払う利息分の出費をこの売却益でまかなうことができます。
売却の目安は利益が確定したときです。
「売り時はいつぐらいだろうか」「いくらなら売っても良いか」、購入した時にシミュレーションをしておくと、次の投資や現在所有するほかの物件の繰り上げ返済など、給料以外の収入源を増やしていけます。

【市場価格と適正価格】
物件の市場価格は不動産業者へ物件の査定を申し込むことでその価格が判明します。
似た条件の投資物件と比べるだけでは、正確な価値は計れません。
物件は買い手と仲介する不動産業者、そして売り主であるオーナーと、三つの立場が価格を決めています。
市場価格はあくまで買い手に合わせた価格、不動産業者とオーナーの利益はここに含まれていません。全員が得をする価格に落ち着いて、ようやく所有する投資物件を売ることができるのです。
しかし買い手が求める価格と不動産業者の希望額について、どのように知ればよいのでしょうか。
どちらも賢く物件を購入して利益を得たいと考えています、手の内を明かすようなことはしてくれません。
ですが相手から訊く必要はなく、所有する物件が価格を教えてくれます。
「付加価値」が価格を見極めるポイントです。
買い手はその物件を投資物件と考えています、つまり所有することで得られる家賃収入が目的です。
所有する物件を「空室が少なく利回りの良い」状態で査定を依頼することで、買い手が喜ぶ投資物件という付加価値がつけられます。物件を評価した不動産業者は当然この価値を物件の「売り」に利用し、市場価格より高い「適正価格」で買い手に勧められるのです。
買い手は将来の家賃収入を購入した価格に見出し、不動産業者は物件の付加価値からその差額分を得ました。
そして、売り手であるオーナーはローンの残高を上回り数年先の利益を見込める価格で、所有する物件を売ることができます。
売却益で不動産収入を得たい方は、買い手が求める価格に将来の価値をつけて、不動産業者から物件の市場価格を聞き出すことが重要です。
月々の返済が計画的に進むよう利益を生むことが条件でありますから、売却は頭に入れつつも不動産投資を始めて間もない方はまず、返済額を地道に減らしていくことを考えましょう。

【長く付き合える相談相手】
始めたばかりで不動産投資に詳しくない方は、現在所有する物件だけに限らず、ほかの投資先や現在の資産をいかに増やすかなど、トータルで個人の資産に気を配るコンサルタントやアドバイザーが身近にいると良いでしょう。
こうしますと、売却したお金をただ銀行に預けておくだけでなく、得たお金を次はどのように運用するのかなど考えることができます。
もちろん、将来を見据えて投資先をあれこれ変える「資産の組み替え」を自分一人で決断し行うことは可能です。
しかし不動産投資の初心者であり、会社に勤めるサラリーマンであるなら、時間の節約と情報の収集・分析、資産を増やすためのプランなどは専門家に意見を伺い、実行に移すことがより資産を増やすことに繋がります。

フューチャーイノベーションでは、長く付き合える相手といった点でもご好評を頂いており、たくさんのお客様のご相談に応じています。
利益が増えた場合、次にどのような投資を行うか、はたまた新しいビジネスをするかなど、多面的なアドバイスをさせて頂きます。
なんでも相談できる相手として末永くお付き合いができるよう、全力で努めさせて頂きます。ぜひお気軽にご相談ください。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください