年収1000万のサラリーマンでも不動産収入は必要!?

役に立つ情報

年収1000万のサラリーマンでも不動産収入は必要!?

年収1000万のサラリーマンでも不動産収入は必要です。
給与所得をもらうサラリーマンが1000万円という高収入であるにも関わらず、不動産投資を行うのはなぜなのか。
これには理由があります。
家族を養うためには年収1000万円では十分と言えないのです。
年収1000万円を稼ぐ中間層が将来を見据え、別の収入源を作りますから、平均年収470万円の人たちはより切実です。
給料とは別に家族を養うお金を工面する必要があるのです。

【不動産所得は養育費のため】
年間の収入では賄いきれない支出の正体は、子供の養育費です。
進学校へ通わせるとなれば、私立中学校で年間200万ほどの出費となるため、
子供が二人なら一年で400万円の学費がかかります。
中学受験のために小学生のうちから塾へ通わせるとなると、子供が小さいうちから養育費にかかるお金を用意しなくてはなりません。
仮に塾や家庭教師をつけて中学受験を突破したとすると、中高一貫校の場合、大学受験までは年間200万円の教育費が6年も続く。
子供が二人ならその倍の金額が収入から出ていきます。
これでは平均年収470万となると、このお金を工面することは難しくなります。
生活費を切り詰めても残りの20万円では一月の暮らしがやっとです。
また、平均年収を超える家庭であっても、次は大学が控えます。
私立へ通うとなると進学費用の負担が家計にのしかかるため、年収1000万円のサラリーマンたちも、子供たちのために不動産投資を始めるのです。
給与所得と同額のお金が手に入るのなら、二人の子供を私立の学校へ通わせることも可能でしょう。
もちろんそれは、平均年収のサラリーマンにも同じことが言えると思います。

【子供が手を離れても、お金は必要】
老後の蓄えがサラリーマンには必要です。
病気やけがによって収入が途絶える場合もそうですが、訪れる定年を前に途絶えた収入の中でどのぐらい支出があるのか、これまでの暮らしを維持するにはおよそどの程度の金額を用意すれば生活が送られるかなど、子供が巣立った後の収入源を探しておくことが求められます。
年齢が高くなると給与は下がっていきます。
嘱託や出向・転籍など定年を前に徐々に家計に入る年間のお金は減ってしまいます。定年はこうして迎えますので、収入のうち貯金に回せる金額は非常に少なく、
定額で得られる年金だけですと、突然訪れる家の修繕費や改築費用、長年使用する家電製品の買い替えや生活にかかせない車の購入にかかる費用などを用意する必要があります。
これまでの生活で出ていくお金はあまり変化がありません。
しかも会社を辞め、生活費を夫婦の年金に頼った場合、給与所得を得ていた時よりも収入に占める支出の割合はとても大きくなります。
体も若い時ほど動きませんし、働こうにも高齢者に与えられる職は限られています。ゆとりと安心を持った老後を送るためには、働かずに得る不動産投資がいかに適しているかがお分かり頂けることと思います。

【投資物件も持ち家も、ローンの金額はどちらも一緒】
「高額なローンを組むのは抵抗がある」、「持ち家の支払いだけで苦しいのに、さらに借金をするなんて考えられない」これは万が一返済が滞った場合を考えた、不動産投資をためらってしまう心理です。
マンションや一軒家はローンを組んで購入するのに、投資物件となると気が引ける、住宅ローンはとても安い金利に多額のお金をかけているようなものなのです。
そうであるなら、投資用の不動産物件を購入するためにローンを組み、融資を受けて振り込まれる家賃によって収入を得る方法が住宅に投じる数千万円の使い道よりも賢いのではと、思うのです。
このように資産を増やす意識へと現在の価値観を変えることよって、必要となる子供たちの進学費用や老後のゆとりある暮らしを、不動産投資はもたらしてくれるのです。
上記の理由から、不動産投資にオススメの人は、家族がいる方です。
特にお子様がいらっしゃる場合、お子様の将来の選択肢が増えるよう、教育費はあるに越したことはありません。
そして、不動産投資を始めるのであれば、早ければ早い方が良いでしょう。
サラリーマンとして安定収入のある方がローンの審査も通りやすくなるためです。
みんながみんなやっているわけではない、これも不動産投資を始めるのにオススメな重要ポイントです。

フューチャーイノベーションでは、お客様のお悩みなどしっかり聞き、リスク等も踏まえた上でご相談に応じ、お話をさせて頂きます。
ぜひ一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。
あなただけでなく、ご家族の人生も豊かになるかもしれません。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください