マンション経営をするうえでの心得

役に立つ情報

マンション経営をするうえでの心得

マンション経営をする上で大切なことがいくつかあります。
ポイントを抑えることで、マンション経営成功への近道につながることでしょう。

まず一つ目はマンション経営するためのマンションがどういった場所に立てられているかです。

つまり立地が重要、ということです。

家族向けで部屋数の多い大きなマンションであれば、子供の教育に適している場所のマンションは借り手が多くいます。
しかし、立地的に子供の教育に良くないような場所のマンションは家族受けが悪く、なかなか借り手が見つからない場合もあります。
一方、1人暮らし用などのマンションであれば駅近や学校や職場に近いなどの立地条件が重要となります。
駅に近いなど利便性がよければ借り手は多いのですが、そうでない場合、借り手はあまり現れない場合もあります。
すると、借りてもらうべく、家賃を安くするなどの何らかの担保を試みるでしょう。
しかし、家賃を下げることはなるべく避けなければいけません。
一度家賃を下げてしまうと、それ以降家賃を上げづらくなる場合もあります。
また、小さな赤字の積み重ねになってしまうので、そうならないためにもベストな条件での不動産選びをすることが大切です。

次にマンション経営する上で必要なことは、ローンに対する不安を払しょくすること。

自分の生活資金を犠牲にして、生活がままならない状態でマンション経営しているマンションのローンを支払わなければならないのは…と考えている方は多いと思います。

実際はそんなことありません。

確かに投資用マンションはとても高額です。
たとえローンを組みたくなくても一般的なサラリーマンならキャッシュで買うことはかなりハードルが高いはずです。
しかし、マンション経営をはじめるというのは一種の事業を起こすことです。
どんな事業であれ融資を受けることは当たり前ではありませんか。
その借りたお金をいかに効率的に増やすかが重要なのです。

ここでポイントなのが、確実な収入を得るために区分マンションではなく一棟マンションを選ぶことです。
区分マンションは、人が入らないと収入が0になってしまいます。
人が入らない期間はすべて赤字になってしまうということです。
しかし一棟マンションを購入し10部屋経営すれば、2~3部屋人が入らなくても、8~7部屋分の収入はあるので、収入が0になることはなかなかありません。

自分の生活を犠牲にしてしまうようなマンション経営は避けるべきだとよく言われますが、計画的且つしっかりとしたプランを建てることで、自分に合ったマンション経営を行うことができます。

次に、マンション経営で忘れていけないことは固定資産税が毎年かかるということです。

借り手が払ってくれるわけではないということです。
マンションはあくまでも借り手ではなく自分の資産です。
そのため、家賃収入をうまく活用することが必要です。
例えばローン返済、固定資産税、空室の間の管理費用などもろもろの費用を含めて計算すること。
また、仮にある程度のところでマンションの売却を考えることもあると想定できるのであれば、地価があまり下がらない物件を手に入れるべきです。
地価が下がらないのであれば、マンションの値下がりは極力押さえられます。

最後に、初めてマンション経営するのなら、専門のプランナーに一度相談することです。一人始めるにはなかなか難しい面もあります。
ご不明点やご相談があればぜひフューチャーイノベーションにご連絡ください。
お客様一人一人に最適なプランの提供と成功へのお力添えをさせていただきます。

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください