サービスの流れ

サービスの流れ

サービスの流れ

投資不動産のプラン設計から運用までを徹底してご案内
フューチャーイノベーションの不動産コンサルティング

スタート

不動産購入前

  • ステップ1投資家人生のスタート:
    ヒアリング・目標設定

    まず始めに不動産投資を検討する前に、
    何かに投資をしようと思われたのではないでしょうか?

    そう思った経緯は人それぞれだと思いますが、お客様の多くは
    今の自分の現状に不安や不満があるから考え始めたという方が
    非常に多いです。

    そして、ここで間違ってはいけないのが、何のために不動産投資をするのかが決まっていないで1億円以上の大きな借入をする不動産投資をしてはいけないということです。
    私達はお客様の投資家人生のパートナーになるべくお金のプランニング面を全力でサポートしたします 。

  • ステップ2お客様の夢へ第1歩:
    目標実現の為の「物件を選択・決定」
    STEP1で決まった目標を達成するための物件を選定していきます。
    不動産投資物件はジャンルによって得られる効果が違います。
    例えば、都心と地方、新築と中古、木造建築とRC(コンクリート)
    建築とかです。

    これらを選ぶことで何に関係するかというと土地と建物の金額的な
    比率に影響します。

    それによって、インカムゲイン(安定収入)重視か、キャピタルゲイン(売却益)重視かなどの考えもシュミレーションを元に具体的に決まっていくので、色々な選択肢のメリット、デメリットを勘案しながらご提案していきます。
  • ステップ3緊張の瞬間:
    銀行審査。コネと経験を使ってしっかりサポート
    不動産投資と切っても切れないのが銀行からの融資です。
    普通に審査をかけたら自己資金が必要なものも、無にできるのは
    当社が多くのコネクションと銀行ごとの考え方を理解している
    からです。

    ただどの方でも融資を組める訳ではないので以下のような
    条件があります。
    ・一定以上の収入があること
    ・健康であること
    ・借入があり、それが延滞していたり借り過ぎていないこと

    上記はあくまで目安なので物件選定前に仮審査をしておくことも
    必要となります。

不動産購入後

  • アフターフォロー1再投資:
    お客様の夢実現の為に不動産の枠にこだわりません
    不動産投資は考え方にもよりますが、得られる額は大きいけれど
    比例して借りる額も大きいのが特徴です。

    借入リスクの面で考えると私達はある程度の借入額で一度ストップ
    して、不動産投資で得た資金(原資)を基に、違う率の高い投資を
    することを推奨しております。
    例えば、現金でしか買えない不動産(再建築不可など)、金融商品
    (年率5%以上)、フランチャイズビジネスなどです。
    これらの不動産投資より利益率が高いビジネスはたくさんあります
    が、共通していることは原資がないとできないと言うことです。

    また不動産投資を時期的面で考えると期間のヘッジをしておくことも必要なので、一定時期にまとめて購入するより、経済状況などの外的要因も考えながら進めることも重要です。
  • アフターフォロー2税務:
    お客様の利益を最大化。税金を味方につける
    どんな収入もですが、収入(所得)が増えるとそれにともない税金が掛かります。
    不動産投資をインカムゲイン(安定収入)目的で買ったときは所得が増えるので増えた所得に対しての税金対策は、所得を増やすことと同じくらい重要です。

    例:1億円で不動産投資を始めて年間200万円の不労所得(返済、経費差引後)を得ても、税金対策をしてない方だと80万円くらいの税金がかかるのと、税金対策して50万円の税金になるのでは年間30万円、10年で300万円の差になります。これって大きいですよね。

    不動産投資は購入だけを目的にしているのと、取得した資産から最大限の効果を得ようと考えるのでは、獲得できる利益が大きく変わることも意識していきましょう。
  • アフターフォロー3借換・追加案件紹介:
    絶好のタイミングを逃さずサポート
    不動産投資の収入構造はいたってシンプルで、収入(家賃収入)-銀行返済-管理費-税金=CF(手残り収入)です。そしてCF(手残り収入)を増やす大きな要因は銀行返済です。

    不動産投資物件の購入にあたり銀行で融資を受けますが、数年経つと金利交渉ができるようになります。1億円借りて0.5%金利が下がることで返済額は年間約30万円減り、元金が減る金額は年間約20万円増えるため合計年間約50万円の効果を生み出します。このことからも銀行と上手く付き合い、銀行にとって良い顧客であることを見せることで金利交渉はスムーズになります。また借りる銀行を替えることで金利を下げられるので借り替えることで発生する費用(税金、登記費用、融資手数料など)を考慮して最適な提案をさせていただきます。

コンティニュー

(継続。購入者様と末永いお付き合いになりますように…)

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください