伊勢崎勇人

コンサルタント紹介

コンサルタント紹介

伊勢崎 勇人
HAYATO ISEZAKI
一級建築士

セクション1

お客様の将来をご一緒に考える
お客様によってご家族や資産の状況は違いますし、ご購入できる物件の条件も変わってきます。そうした背景に同化していくと、当然それぞれのお客様毎に異なる資産形成の道筋が見えてきます。 例えば、区分物件の残債が足かせとなり収益一棟物件の融資が下りなかったり、銀行の選択手順によってはさらなる資産拡大が可能だったなど、不動産は扱う金額が大きい分、後から後悔しても手遅れになってしまうことが多いです。だからこそ、お客様にとって最適な資産形成の道順を一緒に構築していくことが私の役割だと考えています。実際、面談の中でお客様の状況をお聞きし、今後の道筋を一緒に考えていくと、お客様が描いていた物件や将来像と違ったものになることはよくある事です。

きちんとお伝えした上で深く判断していただく
投資方針や融資条件、物件属性にはそれぞれ少なからず長所短所がありますが、お客様にご説明する際は、良い面だけでなく両面をきちんとご説明した上でご判断いただくようにしています。また、建築士としての知見も踏まえお伝えすることで、より深い視座から判断していただくことを心がけております。これは、お客様の思考との祖語をできるだけ小さくしたいからです。 例えば、初めて不動産をご検討される方は、書籍を読まれたり、セミナーに参加したりしながらご自身で知識を高めている方が多いのですが、ご自身の投資方針が本当に最適なのか、常々変化する融資条件の中でどれが自分に合うのか、どのくらいの規模の物件までが検討範囲なのか、など判断が難しい点もあるかと思います。判断が難しい理由としては、それぞれの長所短所を比較し、きちんと把握できてないからです。上記は面談の際によくご質問いただく内容でもありますが、お客様が考えていることとの祖語が大きければ大きいほど、そこにかける時間や労力は無駄になり、遠回りな投資をしてしまう危険さえあります。
だからこそ、きちんとお伝えした上で深く判断していただくよう心がけております。

セクション2
セクション3

人生をより素晴らしいものに
不動産投資には現物資産があり、投資を始める際に銀行から借り入れができることからも、ミドルリスク・ミドルリターンの投資と言われていますが、リスクがないわけではありません。投資額としては高額なため、もしトラブルが起きたり、修繕の必要が出てきた場合、追加でさらに大きな費用がかかることもございます。そうしたリスクを考慮した上で、お客様には本当におすすめできる物件をご紹介させていただきます。中には、不動産投資に向いていない方もいらっしゃいますので、まずは一度ご相談ください。不動産は使い方によって、その後の人生を良くも悪くもするものだと思います。プロの意見を一度お聞きいただくことできっと正しい不動産投資への道がひらけてくるでしょう。

伊勢崎勇人

コンタクト

お問い合わせはこちらからどうぞ。無料相談実施中!お気軽にご連絡ください